いわゆる「姫予約」につきまして

従来から風俗店で慣例的に行われているいわゆる「姫予約」につきまして、R-GROUP事務局および4店舗フロントから、あらためてお願いごとを申し上げます。

ご予約はフロント=店側が承ります
最近になりましてご予約についてのご理解がかなり浸透し、たいへん恐縮ながらお客様のご理解ご協力に感謝しております。
R-GROUPではご予約はすべてフロント=店側が承り、管理させていただいております。いわゆる「姫予約」はいっさい行っておりませんので、この点、なにとぞご理解のほど、重ねてよろしくお願いいたします。

従来からあった姫予約
もちろん、かつてのソープランドにおいては、キャストに直接「来週も同じ時間に来るから取っておいてくれ」とお申し付けになってお帰りになるお客様もたくさんいらっしゃいました。
そして、それがいわゆる常連様の特権でもあり、粋なお遊びのひとつのかたちということでもあったのです。

しかし、例外的なことが慣例となったお店ではご予約についても厳格な公平性を貫くということが出来ず、いったん受け付けたご先約を破棄して常連様を優先したり、たくさんお金を遣ってくださるお客様が第一に優遇されるべきと考えたり、ひどい場合にはキャストが「楽に過ごせるお客様」を優先したりと、さまざまな逸脱が起こったと聞きます。

R-GROUPの初期において、私どもの店でもそういう経験がございました。
ご案内の公平性
お客様商売の基本を見失う、そうした逸脱や失敗を総括しながら、私達のお店もまた今日に至っています。
姫予約や規定外のご予約、会員条件を超えた優先予約などは、同じサービスのご提供、ご予約・ご案内の公平性という観点から今後も行いませんので、なにとぞご理解ご協力のほど、よろしくお願いいたします。